看護師に向いていない人の特徴

看護師は非常に大変な仕事で、手を抜くことが許されません。
そんな看護師ですから、実際に働きだしてから「自分は向いていない」と
考えるようになる人もいます。

看護師に向いていない人の特徴とはどういったものがあるのでしょう。
まず、一般的な仕事は作業の慣れが出てくるので、効率が上がって
仕事は少しずつ楽になって行きます。
しかし看護師はそうではありません、何かの作業を効率化したり
時短ができるような余地は残されていません。

逆に言えば仕事のミスを少なくするための改善は看護師として必要なスキルですが、
仕事で楽をしたいと思う人は看護師には向いていないと言えます。
手順を一つでも飛ばしたり、見落としたりするだけで人命にかかわるトラブルに
繋がるリスクを抱えているからです。

仕事で楽をすることができない以上、テキパキと仕事ができない人は
看護師には向いていません。
不慣れなことは誰にでもありますが、それで仕事量が減ってしまってはいけません。
激務なので体調がすぐれない時もあるでしょうが、いつまでたっても苦手な事が
苦手なままで周囲や患者に影響を与えるようでは看護師に向いていないでしょう。

また、命を救いたいという強い決意と信念を持って取り組まなければなりません。
いわば患者さんのことを第一に考え、症状などの見落とさないように注意し
高い意識を持って仕事ができなければなりません。
もし、手を抜きたい、患者が何か言ってるけど見て見ぬふりをしたりすれば、
看護師失格と言えます。