看護師等の人材確保の促進に関する法律をご存知ですか?

看護師・保健師・助産師・准看護師の免許を持っている人で
それらの仕事をしていな人、結構いますよね。

出産や育児、介護などで仕事をやめてしまった人。
人間関係や体調不良、病気などで看護の道を諦めてしまった人。
別の夢を見つけて、別の仕事をしている人。
これらの人たちはナースセンターに
看護師として働いていないよ、という内容の届け出を出さなくてはいけません。
看護師等の人材確保の促進に関する法律で決められたことですので
もし提出していない人は早めに提出をしましょう。

提出するタイミングは病院等を離職した場合、仕事をやめた時。
免許取得後すぐに働かない時、平成27年10月1日において
業務に従事していない場合です。

最近、看護師を辞めたという場合には病院やクリニックで
書類の提出をしなければいけないということを伝えられるので
知っている人が多いと思うのですが
何年も前に看護師の仕事を辞めたままになっている場合や
看護師国家試験を受けて看護資格を取得したまま
一度も働いていない人は提出をしていないケースがあるでしょう。
もし提出していないならすぐに手続きを取ってください。

この登録をしておくことのメリットは
復職する時に役立つということです。
近年では一般の小中学校にも看護師が配置される動きが広がっており
看護師は常に人材不足です。
登録しておけば復職の支援が無料で受けられますし
新たな就職先も紹介してくれますから必ず登録しておきましょう。

申請はインターネットからでもOKです。
https://www.nurse-center.net/nccs/