看護師が抱える理想と現実のギャップ

看護師を目指そうとする人が看護に対して持っている理想は、
そうでない人から見ると素晴らしいものがあります。
怪我や病気をした人を看護することを生業とすることは、非常に難しく
ミスをすることも許されない職業だからです。
慢性的に人が少なく残業が当たり前と言われる看護師を目指すことは、
それなりの覚悟と抱く理想が無ければ勤まりません。

しかし看護師という仕事には理想と現実のギャップが存在します。
理想は自分が人の役に立てる、困っている人を助けることができる
そういった崇高なものですが、いざ仕事を始めてみると理想よりも
迫りくる作業をこなしていく、ミスをしてはいけないなど様々なハードルを
クリアしていくことに手を取られてしまいます。

いつの間にか理想としていた人を助ける、役に立つということよりも
日々の業務をどうやって上手く消化していくかという目的に変ってしまいます。
そうなると看護師を目指した理由は形骸化してしまい、単に看護という業務を
こなしているだけの人ということになります。

ただ、そうやって看護業務をこなすことは非常に高度なスキルを必要とするので、
それそのものは誇らしきもので間違いはないのです。
問題は看護師になってしばらくすると、日々の業務と自分が持っていた理想との
ギャップに悩みだす時期が来ることです。
この問題にどのように対処できるかで、看護師として続けられるかどうかが
決まると言っても過言ではないでしょう。
そしてこの悩みへの的確な答えというものは存在しないことも、看護師が直面する
課題の一つと言えるのです。