2015年8月アーカイブ

「看護フェア」に中高生110人が訪れる

山口県で看護婦の仕事を知ってもらうイベント「看護フェア」が開催されました。
夏休も終わりのさなか、中高生約110人が参加する大規模なフェアとなりました。
フェアでは看護師の制服を実際にして病院で働いている疑似体験を行いました。
血圧を測ったり、AEDの説明をしたりと看護に興味を持ってもらうために
色々な企画が行われました。

中高生は進路を決める大事な時です。
看護学校へ進みたいと希望するのであれば、中学生くらいで看護師をめざし
看護学校へ入学するための勉強が必要になります。
看護は理系分野なので、やはり論理的思考や数学力が求められます。
女の子は文系に偏る傾向があるので、あとから進路変更をするというのは
勉強が大変になってしまいます。
早い段階で道を定めて、目標に向かって進むことができれば
スムーズに進むのではないでしょうか?
中には高校で看護学校進学コースなどを設けているところもありますから
進路はできるだけ早く決めていきたいですよね。

もちろん看護師の仕事は大人になってから目指すこともできます。
一度社会人になった人がやはり看護師になりたいと学び直すケースも多いです。
幅広い年齢の方が活躍できるのが看護業界です。
ライフスタイルに合わせて働け、なおかつ高収入も得られる仕事ですから
大変な仕事ではありますが魅力的ですね。