2015年5月アーカイブ

5月12日は看護の日

5月12日は看護の日です。
近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールが生まれた日で
国際的にも「国際看護の日」と定められています。

現在、看護師は焼く101万人。
そのうち6.2%が男性看護師です。
少しずつ男性看護師が増えつつけており、特にリーマンショック以降
年収400万円以上をコンスタントに稼ぎ続けることができる仕事として
異業種から一念発起で看護師になろうとする男性も増えてきています。

10月からは看護師等人材確保促進法が改正され
看護師の復職支援に政府は力を入れる方針です。
フルタイム勤務が難しい子育て中の主婦でも時短勤務をより多く導入したり
夜勤をしないパート勤務などの雇用形態を、見直すことで
より看護師として働きやすい流れが出てきています。

まだ女性比率が多い看護師の社会で
結婚適齢期の看護師は現場のリーダーとなれる存在です。
病院としてもせっかく育てた優秀な人材が離職されるのは大ダメージです。
時短勤務を導入することで現在は働いていない潜在看護師を
発掘しやすくなるでしょう。
看護師は病院だけではなく、介護施設など多くの場所で求められる仕事です。
今後高齢化に伴いますます需要が増えますから
看護師としての働き方も今後大きく変わっていくでしょう。