気になる企業の本音!看護師からの転職者における採用試験のポイントとは!?

就職をするために、どこに重点を置いて良いのだろう・・・採用のポイントってどこなのかな?と気になることはありませんか?

実際に採用試験のポイントを企業にアンケートで聞いてみると、一番重視されるポイントは《人柄》です。挨拶やマナーなども重要視されますが、こちらも人柄を判断するひとつになりますし、志望動機や仕事に対する意気込み・意欲も同じく人柄を知るのに必要になります。

就職支援でも、挨拶やマナーに重点が置かれますが、挨拶ができない人というのは実際どう思いますか?

わかりやすいのがお店などでのあいさつによって、雰囲気やイメージなどは変わりますよね?どんなに仕事ができる人だとしても、コミュニケーション能力がなければ、企業にとっては必要な存在とは言えないのです。

ただ、気を付けて欲しいのはすぐに改善できるものではないので、日頃からコミュニケーション能力や挨拶やマナーなどは身に着けておくことが大切です。

また資格によっては、企業には即戦力になるため、必要になるものもたくさんあります。そのため、いくら看護師資格をもっているとはいえ、そのほかの資格取得はメリットになるので必要な資格はどんどん取得していくよう心がけましょう。



教育カウンセラー

教育カウンセラーは、初級・中級・上級とあります。今の学校教育はさまざまな問題があり、教育とカウンセリングの両方に対応できる専門教育者が必要とされています。学校生活の中に必要とされる、楽しいクラスや授業、生徒指導や面談や家庭訪問、特別活動や道徳など、さまざまなところにカウンセリングを取り入れていきます。

教育カウンセラーになるには、まずは実務経験が2年以上必要になります。そのうえで、研修講座を40時間以上受講したうえで、養成講座を受け筆記試験を受験、それから認定と段階を経てやっと教育カウンセラーになることができます。しかし、認定後は有効期間があり、登録は7年間で更新制になっています。最近ではグループ学習を行うことで、レベルアップを目指すようなことも定期的に行われており、実績のある教育カウンセラーから指導してもらったり、いろいろなことが行われています。



病児保育スタッフ

最近では働いているママも多いので、病気の子どもを病院などで預かってもらえる病児保育室があると、とても助かりますよね。そんな特別な病児保育室でスタッフとして働くのが、病児保育スタッフで、自治体から補助が出ることも。

看護師と保育士の資格を取得しているスタッフが協力し合うため、どちらかの資格は必要となります。(看護師辞めたいと思っている人の70%は子供と関わりのある仕事を転職先として希望しているというデータが有るとおり、保育スタッフは人気の職種です)お仕事としては、それぞれの子どもの病気の状態に合わせて、医師から指示があるので、それに応じて保育をしていきます。



産休の取りやすい職場は?

女性が圧倒的に多いという看護師の仕事。
長く続けたいと思った時にネックになるのが産休、育休の存在ですね。

勿論産休も育休も法律によって定められた女性の権利です。
子供を産むというのは社会貢献でもあるのですから
産休、育休を取得できないというほうがおかしな話なのですが...
現実問題として、なかなか休みを取得しにくい職場もあります。

ギリギリの人数で回しているところ、予算のないところでは
いくら法律で保障されているからといって、産休や育休を取得しにくく
泣く泣く職場を退職するしかない、ということもあります。

将来、結婚して子供を持つことを考えるのであれば
産休の取りやすい職場を最初に選んでおくほうが良いですね。

一番産休が取りやすいのは大学病院です。
大学病院は給与面でも待遇がよく、結婚・出産後も働き続ける看護師が多いです。
ただし大学病院では採血や点滴までを研修医がしてしまうことが多いです。
幅広い知識は身に尽きますが医療技術が身に付きにくいというデメリットがあります。
大学病院に勤めるのであれば、大学病院で定年まで働く覚悟が必要ですね。

次に取りやすいのが総合病院です。
人数が不足する傾向にあるので、退職されるよりは産休明けに戻ってきてほしい。
人手は不足しているものの絶対数が多いので配置でカバーできます。
総合病院は研修会や勉強会もあり学ぶことが多い反面、移動も多いです。
色々な科を回るので専門性よりも汎用性が身に付く職場です。

そのあとが一般病院、療養病棟、透析センターなどになっていきます。
看護師として長く働きたいのであれば、就職する際に
ライフプランを含めて検討していきたいですね。